庭付きマンションのエピソード

庭付きマンションのエピソード

46才、男性のエッセイ : 独身の時に住んでいたマンションは

独身の時に住んでいたマンションは、1階部分でベランダは無かったけれど、その代わりに庭が付いていました。
ちょっと変形した土地に建っているマンションだったので、三角形の狭いコーナー部分はデッドスペースになっていました。

リビングの窓を開けると、目の前がそのデッドスペースだったので、まるでウチの庭と言う感じで、管理人さんにも自由に使って良いと言われたのです。
最初はコンクリートそのままだったので、ホームセンターで人工芝を買ってきて敷き詰めました。
そうしたら、本当の庭っぽくなったのです。
広さは畳4畳ほどで、普段は洗濯物を干していましたが、時には友人を呼んで、そこでバーベキューをしたこともありました。

ある時、その友人から不要になった卓球台をもらうことになりました。
リビングには家具やソファを置いているので、卓球台を置けるスペースはありませんでしたが、ウチの庭にはピッタリ収まるサイズだったのです。
自宅で卓球できるのは、結構楽しいものです。
友人同士で卓球大会したこともあります。使わない時は畳んで端っこにしまっていました。
そのマンションに住んでいる間は、ずっと卓球台で遊んでいたので、かなりの腕前になりました。

Copyright (C)2017庭付きマンションのエピソード.All rights reserved.